昨年末からのサッカーチームの立ち上げ準備から始まり、本当にいろいろな事がありました。

サッカーチームは結局解散という形になってしまいましたが、その中で考えさせられること、

目をそらしてはいけない事、たくさんの人に応援してもらい、支えられている事を

再認識させて頂きました。

自分の言動には常に責任を持ってこれからも邁進して行きたいと思います。

皆様これからもどうぞよろしくお願い致します。



現在、少子化・核家族化などで、人と人とのつながりが希薄になり、子供達は【人に対する思いやりや協調性・社会性】を身につけることが出来ず、心が弱いまま大人へと成長しているのではないかと思います。かつての日本では、家庭や学校だけでなく『地域・近所のおばちゃん・おいちゃん』が家庭と共に、青少年育成の一翼を担っていたのではないかと思います。

今だからこそ、地域と一体となり、未来ある子供達の育成・また子供だけでなく、育てる側である【親】の育成・支援に取り組むべきだと思っています。

子供が生まれてきても、よくわからないまま、母親になれないまま、周りからは【ママなんだから!しっかりしなさい】っと言われ、本当はできない、わからないのに【できない、わからない】っとSOSを出すことが出来ず、できない・わからない事が恥ずかし事だと思い込んで、外では完璧なママを演じる。でも本当は、【なんで?なんで???】っともがき苦しんでいるお母さん多いと思います。。。

そうした、結果、、、虐待、心中、殺人などの悲惨な事件が起きてしまっているのも事実ではないでしょうか?

私は子育て支援の制度そのものに疑問を感じています。もっと早い段階で。。。

お母さんになる前から、子育てとは、、、そんな情報が必要だと思っています。

子育て支援は子供が生まれてきてからでは遅い!!!

私は生まれてくる前に、【子育て支援】を定着させたい。そう思っています。

現在チャイルドコーチングを勉強中です、発達心理学など独学ではありますが、いろいろな文献を読んで聞いて、勉強しています。お腹の中にいる時から少しづつ『親』になることの自覚ができれば、子供との関わり方を少しでも知っていれば、『お母さんだからって完璧じゃなくてもいい』困った時、悩んだ時のSOSの出し方、1人じゃない。みんなで助け合って、話し合って、答えを見つけていこう。そう発信していきたいと思います。

今後、子供達の良い手本となるべく、私たち親であり、大人がしっかりと子供たちに目を向け見守り、また子供たちには、自分自身で正しい情報を判断し、発信して行く力を付ける訓練が必要だと思っています。


今、経済状況・環境状況も落ち着かず、明るい未来は見えてきません。昔のような地域のつながりは失われ、子育ての環境は厳しさを増すばかり、何を思い、何を夢見て活力ある日々が送れるでしょうか?そうした社会で子供を産み育てて行くことを思えば、責任・養育費等の不安要素ばかりが浮き彫りとなり、少子化はどんどん進むばかりだと思います。そんな時代の真っ只中にいて、夢や希望を胸に光り輝く子ども達を中心に、地域の中に新しい【つながり】を生み出し、子育てを一人だけで行うのではなく、地域で支え合って行きたいと思います。

親・子・地域が一体となり、サポートしていける環境を作っていきたい。

子供たちはこれから日本を背負って生きて行かなくてはなりません。決して易しい、いい時代ではないと思います。厳しい時代を生き抜いていかなければならないと思います。厳しい社会の中で自分の思い・気持ち・主張はしっかりと伝えられる大人へと成長して欲しいのです。

そして将来社会・経済活動を担って行くであろう心の強い子の育成につなげて行きたいと思います。

地域が一体となり、自分の子育てだけでなく、他人の子育てにも目を向け、11人が

【できる時に、できる人が、できる事をしよう!】の精神で子育て支援に参加出来る環境を作って行けたらと思っています。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから